九州大学 アジア・オセアニア研究教育機構

九州大学

当機構について

機構長挨拶

石橋達朗 理事長

 九州大学は、「自律的に改革を続け、教育の質を国際的に保証するとともに、常に未来の課題に挑戦する活力に満ちた最高水準の研究・教育拠点となる」ことを基本理念としております。この基本理念の実現のため、九州大学アクションプランを策定し、世界最高水準の卓越した学術研究の推進を目的とする「研究教育機構」の創設により、本学の強みや特色を持つ研究分野の更なる発展融合と教育への還元を行っていくこととしました。

 また、本学は多様な研究教育活動を地理的かつ歴史的につながりの深い「アジア・オセアニア」で展開してきました。これらの優れた研究教育成果や基幹総合大学である本学の強みを生かし、アジア・オセアニア地域で今日生じている社会的課題の解決、さらには将来生起することが予想される社会問題の発生抑制に貢献することを通じて、未来を拓く新たな学問領域の構築を目指し、2019年4月に「アジア・オセアニア研究教育機構」を創設しました。

 喫緊の課題として、国連サミットにおいて2016年から2030年までの国際目標である「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されております。これらの課題に立ち向かう研究を推進するために、先行してエネルギー関連のSDGsに対して取り組んでいるエネルギー研究教育機構と連携して、人文社会科学系、理工系、生命系など学問分野の枠組みを超え、全学が一体となって研究教育活動を展開することとし、課題が生じている現地の要求に応じて(オンデマンド)、現地機関との現地での協働(オンサイト)によって、課題を解決・軽減・発掘・予測することに取り組みます。

 本機構におきましては、「アジア・オセアニアの課題解決は世界の課題解決に繋がる」と考え、学際的・融合的な研究教育活動を全学一体にて推進して参ります。関係各位におかれましては、今後ともご支援ご協力をよろしくお願い致します。

九州大学総長 / アジア・オセアニア研究教育機構長
石橋 達朗

Mission / Vision

Misison

「アジアに開かれた大学」として、100年を超えて展開してきたアジア・オセアニア地域との交流と教育研究の集積を生かして、世界高水準の独創的かつ学術的研究とイノベーションを創出します。

Vision

アジア・オセアニア地域で今日生じている社会的課題の解決と、将来生起することが予想される社会問題の発生抑制などに関する研究教育にオール九大で取り組み、SDGsとSDGsのその先に本質的な貢献をします。

組織図

組織図

クラスターとモジュール

クラスターとモジュール

クラスター紹介

クラスター紹介①
クラスター紹介②

お問い合わせ先

アジア・オセアニア研究教育機構

〒819-0395 福岡市西区元岡744
TEL:092-802-2319 / Fax:092-802-2391

Copyright © Kyushu University Institute for Asian and Oceanian Studies.
Page
Top