九州大学 アジア・オセアニア研究教育機構

九州大学

TOPICS

2020.9.4 「The 2nd Asian Natural Product Conference」を実施しました。(資源循環クラスター)

2020年9月4日(金)、オンライン国際会議としてアジア天然素材を用いた2回目の機能性解明研究国際報告会「The 2nd Asian Natural Product Conference」を行いました。資源循環クラスター 機能性天然素材探索モジュール長の清水邦義准教授(農学研究院)をオーガナイザーとし、インドネシア、中国、シンガポール、インド、ネパール、ベトナム、日本の合計13 機関の大学・研究所・一般企業から31 名の参加がありました。生薬、化粧品、食品、サプリメント、環境、文化など、多岐にわたる話題が提供され、特に、天然物機能の基礎研究から地域性および製品化に至るまで、幅広い学問領域の最新の知見が共有されました。閉会時までには、「with / postコロナ禍」における天然物を用いた共同研究の展開についても活発に意見交換がなされました。
なお、本カンファレンスは九州大学アジアウィークの一環として行われ、また、当機構医療・健康クラスターの遠隔システムのノウハウを活用したものでもあり、機構内外の様々な協力を得て実現することが出来ました。

 

 

<詳細>

●The 2nd Asian Natural Product Conference Program (PDF)
https://www.anpc.jp/pdf/2ndANPC.pdf

 

●Asian Natural Products Conference (Q-AOS) ウェブサイト
https://www.anpc.jp/index.html

お問い合わせ先

アジア・オセアニア研究教育機構

〒819-0395 福岡市西区元岡744
TEL:092-802-2319 / Fax:092-802-2391

Copyright © Kyushu University Institute for Asian and Oceanian Studies.
Page
Top