アーカイブ・報告書Archives & Reports

【公開発表会】「商代後期の社会・文化とその変化」

Q-AOS主催イベント

アイキャッチ画像:【公開発表会】「商代後期の社会・文化とその変化」

本発表会は紀元前13~11世紀に東アジアの文明の中心であった殷代後期の殷墟という都市遺跡の発展と衰退を、最新の調査成果をもとに、社会組織の変化と環境変動との関係から議論するものです。
皆様の御参加、お待ちしております。

詳細

日時 2022年3月20日 10:00 ~ 2022年3月20日 18:10
言語 日中逐語訳

スケジュール

10:00-10:10  挨拶:宮本一夫(九州大学アジアオセアニア研究教育機構文化変動クラスター文化遺産モジュール長)
10:10-11:10 荆志淳(ブリティッシュ・コロンビア大学人類学系教授)「殷商文明における物質使用」
11:10-12:10 唐際根(南方科技大学教授)「殷墟商末周初期の遺構の識別と研究」
13:00-14:00 何毓靈(中国社会科学院考古研究所研究員「洹北商城工房遺跡の発掘とその収穫」
14:00-15:00 岳洪彬(中国社会科学院考古研究所研究員)「殷墟小屯宮殿宗廟区の考古新発見と研究の新展開」
15:10-16:10 牛世山(中国社会科学院考古研究所研究員)「殷墟商代王陵区周辺の考古新収穫」
16:10-17:10 岳占偉(中国社会科学院考古研究所研究員、殷墟博物館副館長)「殷墟白陶紋様の製作技術」
17:10-18:10 内田純子(台湾中央研究院歴史語言研究所副研究員)・溝口孝司(九州大学大学院比較社会文化研究院教授)「王墓からみた商代後期王権と社会変動」

お問合せ先

人文科学研究院 教授 宮本一夫

E-mail:miyamoto@lit.kyushu-u.ac.jp

Website:http://www2.lit.kyushu-u.ac.jp/~kibayuboku/index.html