アーカイブ・報告書Archives & Reports

INTERNATIONAL ONLINE SYMPOSIUM: Transcultural Exchanges: Mapping Moveme nt of Art, Ideas, and People in Asia  越境する文化: モノ、ひと、思想の軌跡と交流 

共催・協力イベント

アイキャッチ画像:INTERNATIONAL ONLINE SYMPOSIUM: Transcultural Exchanges: Mapping Moveme nt of Art, Ideas, and People in Asia  越境する文化: モノ、ひと、思想の軌跡と交流 

パンデミック中の現在、九州大学人文科学研究院広人文学コース(IMAP)では、新しい国際的な学術交流のプラットフォームを探し、アジア研究に関する先端研究と新しい視座の発信を目指しております。
国際オンラインシンポジウム「Transcultural Exchanges: Mapping Movement of Art, Ideas, and People in
Asia」では、2回の講演(2022年1月21日、2022年2月18日)と2日間のシンポジウム(2022年2月12-13日) を通
じて、東アジアにおいて歴史的な交流を検討します。The First Global Age(1550-1700)ならびにthe SecondGlobal Age(1840-1945)における人々、思想、モノの交流を、視覚文化と物質文化を通じ、文化交流とコミュニケーションに焦点を当てて再考します。

セクションⅠ( 2月12日)では、植民地時代から戦後に至る20世紀の日韓の芸術および文化的交流に焦点を当てています。パネリストは、文化的な創作と受容が複雑な地政学的環境にどのように対応し、それに影響を与えたかを探ります。3つのセクションでは、茶の湯、芸術展、美術品収蔵、公的なモニュメント、絵画、芸術教育など、さまざまなトピックを取り上げます。越境する芸術を通して、自己と他者の形成、国家・文化アイデンティティ、帝国と植民地主義の関係性における議論が展開されます。

セクションⅡ( 2月13日)では、「First Global Age」(1500年〜1800年)に遡り、日本の役割を明らかにします。ここでは、モノ、芸術様式、製造技術、そして世界貿易の大きなトピックである「輸出品」の流通と交流に重点を置きます。分類法や図像学の転換、翻訳・通訳、移用、再評価・再解釈、流通のモノに関する社会的な構築などの異文化交流とその関連プロセスについて討論します。

このイベントは、九州大学広人文学(IMAP)・九州大学アジア・オセアニア研究教育機構・九州大学人文科学研究院が共催するものです。「 Progress100人社系学際融合リサーチハブ形成型」、「スーパーグローバル大学創成支援事業(SHARE-Q)」から支援を得て開催するものです。

詳細

日時 2022年2月12日 09:40 ~ 2022年2月13日 20:30
言語 日本語・英語同時通訳
タイムスケジュール  【2/12 sessionⅠ】
 9:40-10:00 Opening Remarks ご挨拶
 10:00-12:00 Panel 1
  Discussant: Magdalena Kolodziej(東洋英和女学院大学)、 Gloria Yu Yang(九州大学人文科学研究院)
  ・盧ユニア(ソウル大学日本研究所):「日本に残る李王家の遺物」
  ・大橋利光(東京大学):「近代数寄者の茶の湯と朝鮮文化財」
  ・朴志慧(東京大学): 「植民地期朝鮮の博覧会における女看守から見えるもの」
 12:00-13:30 Lunch Break
 13:30-15:30  Panel 2
 Discussant: Magdalena Kolodziej & Gloria Yu Yang
  ・鈴木恵可(中央研究院歴史語言研究所):偉人としての女性像-植民地期朝鮮における銅像の登場
  ・申旼正(仁川大学校):辺境から中心へ:日本占領期における在朝日本人画家の活動と作品
  ・金智英(嶺南大学校):1930年代の大邱師範学校における師弟関係からみる大邱近代美術の一断面ー
             日本人美術教師・高柳種行と岡田清一を中心にー
 16:00-17:30  Panel 3
 Discussant: Magdalena Kolodziej & Gloria Yu Yang
  ・Rum Pek(一般社団法人在日コリアン美術作品保存協会)
   :The Forgotten Art ― The Art History of Koreans in Japan in the 1950s
     「語られてこなかった美術史―1950年代の在日朝鮮人美術史」
  ・日比野民蓉(横浜美術館):モノクローム絵画と「韓国性」の創出
 17:30-18:30  Happy Hour Discussion (Panelists; no interpreter)

 【2/13 sessionⅡ】
 15:00 Opening Remarks ご挨拶
 15:05-16:00 Panel 1
   ・岩崎義則(九州大学人文科学研究院):平戸藩主松浦熈の石筆文書(鉛筆文書)について
   ・後藤晃一(大分県立埋蔵文化財センター):桃山~江戸にかけての金属交流(鉛と真鍮を中心に)
 16:05 Q&A
 16:20 Coffee Break
  16:30-17:25 Panel 2
  ・Annegret Bergmann,(東京大学):Korean tea bowls (Kōrai chawan) in the Momoyama period tea ceremony
  ・Filip Suchomel( Academy of Performing Arts in Prague)
   :Collecting Japanese porcelain and ceramic art in the Czech lands in the long 19th century: Tradition and new impulses.
 17:30 Q&A
 17:45 Coffee Break
 Panel 3 18:00-18:55
  ・Ulrike Körber( Universidade Nova de Lisboa)
  :Between the Japanese and Chinese missions in the 16th and 17th centuries: The Jesuit
    influence in the dissemination of a newly created nanban style of lacquer decoration
  ・小林公治(東京文化財研究所)
  :螺鈿装飾の位相―日本製輸出用器物としての南蛮漆器―
    Valuation of Mother-of-Pearl Decoration: Namban Lacquer as a Japanese Product for Export
 19:00 Q&A
 19:15 End
 19:30~20:30 Discussion Among Panelists (no interpreter)
申込受付 2022年2月12日(土)9:00まで
定員 先着150名まで
お問合せ先 人文科学研究院・講師・ヤンユー

E-mail:gloriayangyu@lit.kyushu-u.ac.jp

Website:https://www.imapkyudai.net/transcultural-exchanges

パンデミック中の現在、九州大学人文科学研究院広人文学コース(IMAP)では、新しい国際的な学術交流のプラットフォームを探し、アジア研究に関する先端研究と新しい視座の発信を目指しております。
国際オンラインシンポジウム「Transcultural Exchanges: Mapping Movement of Art, Ideas, and People in
Asia」では、2回の講演(2022年1月21日、2022年2月18日)と2日間のシンポジウム(2022年2月12-13日) を通
じて、東アジアにおいて歴史的な交流を検討します。The First Global Age(1550-1700)ならびにthe SecondGlobal Age(1840-1945)における人々、思想、モノの交流を、視覚文化と物質文化を通じ、文化交流とコミュニケーションに焦点を当てて再考します。

セクションⅠ( 2月12日)では、植民地時代から戦後に至る20世紀の日韓の芸術および文化的交流に焦点を当てています。パネリストは、文化的な創作と受容が複雑な地政学的環境にどのように対応し、それに影響を与えたかを探ります。3つのセクションでは、茶の湯、芸術展、美術品収蔵、公的なモニュメント、絵画、芸術教育など、さまざまなトピックを取り上げます。越境する芸術を通して、自己と他者の形成、国家・文化アイデンティティ、帝国と植民地主義の関係性における議論が展開されます。

セクションⅡ( 2月13日)では、「First Global Age」(1500年〜1800年)に遡り、日本の役割を明らかにします。ここでは、モノ、芸術様式、製造技術、そして世界貿易の大きなトピックである「輸出品」の流通と交流に重点を置きます。分類法や図像学の転換、翻訳・通訳、移用、再評価・再解釈、流通のモノに関する社会的な構築などの異文化交流とその関連プロセスについて討論します。

このイベントは、九州大学広人文学(IMAP)・九州大学アジア・オセアニア研究教育機構・九州大学人文科学研究院が共催するものです。「 Progress100人社系学際融合リサーチハブ形成型」、「スーパーグローバル大学創成支援事業(SHARE-Q)」から支援を得て開催するものです。