アーカイブ・報告書Archives & Reports

Q-AOSブラウンバッグセミナー第23回「ライフマッププロジェクト:超高齢化社会における人間中心デザインアプローチ」

ブラウンバッグセミナー

アイキャッチ画像:Q-AOSブラウンバッグセミナー第23回「ライフマッププロジェクト:超高齢化社会における人間中心デザインアプローチ」

九州大学アジア・オセアニア研究教育機構(Q-AOS)では「Brown Bag Seminar Series」を4月から毎週水曜日のランチタイムに開催いたします。本学のアジア・オセアニア地域やSDGsに関連する最新の研究活動を多くの方に知っていただき、異分野研究ネットワークや交流やきっかけの場を提供できればと思います。どなたでも気軽に御参加いただける内容となっております。途中参加、途中退室もOKです。皆様の御参加をお待ちしております。

詳細

日時 2021年9月29日 12:10 ~ 2021年9月29日 12:50
形式 Zoom Webinar
言語 日英同時通訳あり、スライドやポスターも日英2言語に対応
参加費 無料
定員 500名

抄録

本機構医療・健康クラスターのストラテジック・メディカル・デ ザイン・モデュールは、この 4 月に発足しました。超高齢化アジア社会に向け、人間中心デザインの視点から医療や介護にできることの研究に着手しました。アジアへの展開はまだ始まったばかりですが、今後の活動のための具体的なアプローチのもとになる、これまでの日本のプロジェクトを共有していきます。本セミナーでは、介護施設の高齢者を対象とした「ライフマップ」プロジェクトをご紹介します。このプロジェクトは、2014 年の文部科学省「大学等シーズ・ニーズ創出強化支援事業」の採択を受けスタートしました。基本的な問いは、入居者の視点から介護施設を見た場合最も大きな課題は何か、を探すことでした。入居者やケアマネジャーとともにデザイン思考で取り組んだ結果、ケアプランが大きな課題であることがわかりました。本セミナーでは、その解決策としてデザインされた、入居者とその家族と介護スタッフのコミュニケーションツールである「ライフマップ」について、共同研究パートナーである介護施設のさわやか倶楽部で実装されている事例を共有します。

当日プログラム

12:10~12:15 イントロダクション
座長 Scott Valentine 教授 (Q-AOS 研究推進ディレクター)

12:15~12:40  「脱炭素社会に向けたゼロ・エネルギー建築の研究開発
演者 平井 康之 教授 (九州大学 芸術工学研究院

12:40~12:50 質疑応答

※当日の講演動画を期間限定にて後日掲載予定です。  

当日資料

・参加者の皆様への御案内(同時通訳使用方法・資料・質疑応答について):PDF
※同時通訳機能はウェブブラウザ上では使用できません。
Zoomのアプリケーションをこちらよりダウンロードをお願い致します。

講演資料:PDF