九州大学 アジア・オセアニア研究教育機構

九州大学

教員・研究者上田 真太郎 学術研究員(特任助教)

上田 真太郎 学術研究員(特任助教)

上田 真太郎 学術研究員(特任助教)
  • 医療・健康クラスター
  • 専門:遠隔医療、ネットワークセキュリティ

略歴

1977年鹿児島県出身。慶應義塾大学で情報工学部を卒業後、同学にて開放環境科学を専攻し後期博士課程を2008年3月に修了。民間企業の経営企画室・研究部においてICTを活用したシステムやWebアプリケーションに対するセキュリティの研究に従事、九州大学病院国際医療部アジア遠隔医療開発センター特任助教を経て現職にいたる。

研究の概要:

後期博士課程では、動画等のライブストリーミングにおけるリアルタイム認証に関して研究した。アジア遠隔医療開発センターでは、医師から医師への医療教育を目的とした国際遠隔医療教育カンファレンスを数多く実施している。当センターで実施されるカンファレンスの約4割が早期胃がん診断をトピックとしている。そこで、国際遠隔医療教育カンファレンスにおける内視鏡画像品質の基準策定を目的とした研究や、動画像を共有した際にマウスカーソルや線引き等アノテーションを効率よく共有するシステムに関する研究、医師間のディスカッションが活発化させるための手法等を研究している。

関係するアジア・オセアニアの国々:

ブータン、ミャンマー、ネパール、バングラデシュ、モンゴル、インド、タイ、台湾、シンガポール、マレーシア、フィリピン、インドネシア、スリランカ、ベトナム、韓国、中国、ニュージーランド、オーストラリア、キルギス、極東ロシア

所属学会・委員会活動など:

日本遠隔医療学会、日本教育工学会

メッセージ:

当機構は様々な専門分野で活躍されている研究者の集まりであることから、まず皆さんがどのようなことを研究されているかを理解することに力を入れていきます。他の研究について聞き、私自身の研究について話し、本機構ならでの利点を活かし、点と点をつなげて、線から更に面にして研究活動に幅を持たせるようまい進してまいります。

主要業績:

  1. Shintaro Ueda, Kuriko Kudo, Shunta Tomimatsu,Tomohiko Moriyama, Shuji Shimizu, Students’ perspective toward the rapid shift to online teaching due to the COVID-19 pandemic: a case at Kyushu University School of Medicine, ⽇本教育⼯学会 2021年春季全国⼤会, 2021.03.
  2. Kuriko Kudo, Shintaro Ueda, Shunta Tomimatsu, Yasuaki Antoku, Tatsuro Kudo, Takuya Kimura, Tomohiko Moriyama, Noriko Isobe, Shuji Shimizu, Developing Course Objectives for Engineering Training Programs in Remote Medical Education in Asia, ⽇本教育⼯学会 2021年春季全国⼤会, 2021.03.
  3. Shintaro Ueda, Kuriko Kudo, Tomohiko Moriyama, Shunta Tomimatsu, Shuji Shimizu, Barriers against and Improvement Measures of Discussion during Bilateral Video-conferencing in an Early Gastric Cancer Case Study, APAMI2020 11th Biennial Conference of the Asia-Pacific Association for Medical Informatics, 77-81, 2020.11.
  4. Kuriko Kudo, Shintaro Ueda, Hidefumi Shitoh, Tetsuya Narikiyo, Shunta Tomimatsu, Sunao Watanabe, Takahiro Nakahara, Naoki Nakashima, Tomohiko Moriyama, Toshiaki Nakano, Shuji Shimizu, Participants’ Evaluation of a Virtual Academic Conference: Report from the 24th Japan Association of Medical Informatics Spring Symposium, APAMI2020 11th Biennial Conference of the Asia-Pacific Association for Medical Informatics, 71-76, 2020.11.
  5. Shunta Tomimatsu, Kuriko Kudo , Tomohiko Moriyama, Shintaro Ueda, Yasuyuki Hirai, Shuji Shimizu, Technical Support for Rapid Replacement of Face to face Events with Online Events due to the COVID 19 Pandemic: a Case Study from Kyushu University Hospital, APAMI2020 11th Biennial Conference of the Asia-Pacific Association for Medical Informatics, 66-70, 2020.11.
  6. Shimizu S, Tomimatsu S, Kudo K, Ueda S, Kekalih A, Makmun D, Estiasari R, Oki A, Moriyama T, Remote Medical Education in Indonesia: Analysis of 10 Years of Activities, Journal of the International Society for Telemedicine and eHealth, 8, e6, 1-8, 2020.08.
  7. Shunta Tomimatsu, Kuriko Kudo, Shuji Shimizu, Tomohiko Moriyama, Shintaro Ueda, Yasuyuki Hirai, An exploratory analysis of technical issues in remote education between international medical institutions, AHFE Virtual Conference on Usability and User Experience, the Virtual Conference on Human Factors and Assistive Technology, the Virtual Conference on Human Factors and Wearable Technologies, and the Virtual Conference on Virtual Environments and Game Design, 2020, 181-188, 2020.07.
  8. 工藤孔梨子, 森山智彦, 上田真太郎, 富松俊太, 清水周次, アジア発展途上国を対象とした遠隔医療教育技術研修の実施と評価, 日本遠隔医療学会雑誌, 15, 2, 119-122, 2019.09.
  9. 富松俊太, 工藤孔梨子, 上田真太郎, 森山智彦, 平井康之, 清水周次, 技術環境の指標作成を目的とした国際間の医療教育における遠隔会議の機材構成分類, 日本遠隔医療学会雑誌, 15, 2, 115-118, 2019.09.
  10. Kudo K, Moriyama T, Tomimatsu S, Ueda S, Shimizu S, A Train-the-Trainers (TtT) Program for Engineers for Hosting Multiparty International Clinical Teleconferences, J Int Soc Telemed eHealth, 7, 16, 1-8, 2019.03.
  11. Shintaro Ueda, Kuriko Kudo, Tomohiko Moriyama, Yoshinori Suyama, Shuji Shimizu, A step forward in sharing images during telemedicine conferences, 日本遠隔医療学会雑誌, 14, 2, 151-154, 2018.11.
  12. Shintaro Ueda, Hiroshi Shigeno, Ken-ichi Okada, NAL Level Stream Authentication for H.264/AVC, IPSJ Journal, 48, 2, 614-624, 2008.02.
  13. Shintaro Ueda, Yasutaka Shinzaki, Hiroshi Shigeno, Ken-ichi Okada, “H.264/AVC Stream Authentication at the Network Abstraction Layer,” Proceedings of the Annual IEEE SMC Information Assurance Workshop, 302-308, June 2007.
  14. 川口信隆, 重野寛, 上田真太郎, 塩澤秀和, 岡田謙一, サイレントワーム検知のためのアノマリコネクションツリーメソッド, 日本情報処理学会論文誌, 48, 2, 614-624, 2007.02.
  15. Shintaro Ueda, Shin-ichiro Kaneko, Nobutaka Kawaguchi, Hiroshi Shigeno, Ken-ichi Okada,“ Authenticating Video Streams, ”The IEEE 20th International Conference on Advanced Information Networking and Applications(AINA 2006), Vol.1, 863-868, April 2006.
  16. Nobutaka Kawaguchi, Yusuke Azuma, Shintaro Ueda, Hiroshi Shigeno, Ken-ichi Okada,“ACTM: Anomaly Connection Tree Method to detect Silent Worms,” The IEEE 20th International Conference on Advanced Information Networking and Applications(AINA 2006), Vol.1, pp.901-906, April 2006.
  17. Shintaro Ueda, Shinichiro Kaneko, Nobutaka Kawaguchi, Hiroshi Shigeno, Ken-ichi Okada, A Real-Time Stream Authentication Scheme for Video Streams, IPSJ Journal, 47, 2, 415-425, 2006.02.
  18. Nobutaka Kawaguchi, Shintaro Ueda, Naohiro Obata, Hiroshi Shigeno, Ken-ichi Okada,“ An Image Authentication Scheme considering Privacy -A First Step towards a Surveillance Camera Authentication, ”The First International Workshop on Information Networking and Applications(INA’2005), pp.253-256, March 2005.
  19. Shintaro Ueda, Nobutaka Kawaguchi, Hiroshi Shigeno, Ken-ichi Okada,“Stream Authentication Scheme for the use over the IP Telephony, ”The 18th International Conference on Advanced Information Networking and Applications(AINA 2004), 164-169, March 2004.
  20. 上田真太郎, 江藤秀一, 川口信隆, 宇田隆哉, 重野寛, 岡田謙一, IP電話を想定したリアルタイム性を持つストリーム認証方式, 情報処理学会論文誌, 45, 2, 605-613, 2004.02.

お問い合わせ先

アジア・オセアニア研究教育機構

〒819-0395 福岡市西区元岡744
TEL:092-802-2319 / Fax:092-802-2391

Copyright © Kyushu University Institute for Asian and Oceanian Studies.
Page
Top