クラスターとモジュールMembers in Clusters & Modules

持続的水圏食料生産

モジュールのMission/Vision

  • 水圏生物資源を利用した食料生産システムにかかる研究開発を行い、アジア・オセアニア地域の研究機関などとの連携により社会実装を進めていく。地球温暖化等による気候変動に適応した持続可能な養殖生産と水産資源管理、海洋汚染・赤潮対策を含めた水圏生産環境の保全、新しいバイオテクノロジー等を用いた育種・健苗育成・疾病対策、未利用生物資源の効果的利用、水産物の消費動向調査による水産研究・技術シーズの発掘,および水産研究・技術に対するパブリック・アクセプタンス(社会的受容性)の評価など、水圏における持続的な生物生産およびその利用に関する研究と技術開発を展開する。

モジュール長

「写真:太田 耕平 准教授」

太田 耕平 准教授

農学研究院

- 専門 -
生殖生物学、魚類生理学

モジュールメンバー

CHAKRABORTY TAPAS 助教
農学研究院
島崎 洋平 准教授
農学研究院
杣本 智軌 准教授
農学研究院
栗原 暁 助教
農学研究院
栗田 喜久 准教授
農学研究院
髙橋 義文 准教授
農学研究院
千手 智晴 准教授
応用力学研究所