九州大学 アジア・オセアニア研究教育機構

九州大学

エイジングモジュール

クラスター長兼モジュール長:肥後 裕輝 教授/留学生センター

肥後 裕輝 教授/留学生センター

モジュールのMission/Vision

高齢者の就労や退職、公的年金制度の改革また高齢者の介護問題などを中心とした従来の研究課題への取り組みは継続的に遂行しつつも、本年度から、今後アジア・オセアニア地域を中心に重要な社会課題となるであろう①遠隔医療の老齢医療・介護分野への適用、②「多死社会」の到来に係る社会変革、③医師幇助安楽死の是非、の3つの研究課題にも観点を広げる。この取り組みに向けて、広く国内外からこれらの分野に精通した研究者を新規のモジュールメンバーとして誘致し、またこれらの研究活動の協力者でありまた研究調査の対象ともなる、国内外の政策関係者や医療従事者、またそれらの団体などとの組織レベルでのネットワーク構築も目指す。

モジュールメンバー

外部リンク

お問い合わせ先

アジア・オセアニア研究教育機構

〒819-0395 福岡市西区元岡744
TEL:092-802-2319 / Fax:092-802-2391

Copyright © Kyushu University Institute for Asian and Oceanian Studies.
Page
Top