クラスターとモジュールMembers in Clusters & Modules

エイジング

モジュールのMission/Vision

  • 高齢者の就労や退職、公的年金制度の改革また高齢者の介護問題などを中心とした従来の研究課題への取り組みは継続的に遂行しつつも、本年度から、今後アジア・オセアニア地域を中心に重要な社会課題となるであろう①遠隔医療の老齢医療・介護分野への適用、②「多死社会」の到来に係る社会変革、③医師幇助安楽死の是非、の3つの研究課題にも観点を広げる。この取り組みに向けて、広く国内外からこれらの分野に精通した研究者を新規のモジュールメンバーとして誘致し、またこれらの研究活動の協力者でありまた研究調査の対象ともなる、国内外の政策関係者や医療従事者、またそれらの団体などとの組織レベルでのネットワーク構築も目指す。

モジュール長

「写真:肥後 裕輝 教授」

肥後 裕輝 教授

留学生センター

- 専門 -
社会学、老齢学、社会政策

モジュールメンバー

Thomas R. KLASSEN 教授
York University, Canada
John B. WILLIAMSON 名誉教授/
Boston College, USA
Irene D. BLACKBERRY 教授
La Trobe University, Australia
Monika WINARNITA 講師
Deakin University, Australia
Nopraenue S.DHIRATHITI 准教授
Mahidol University, Thailand
Fiona ALPASS 教授
Massey University, New Zealand
Kate O’LOUGHLIN 准教授
University of Sydney, Australia
Tri Budi W. RAHARDJO 教授
University of Indonesia, Indonesia
Thelma KAY 名誉教授
National University of Singapore, Singapore
Leng Leng THANG 准教授
National University of Singapore, Singapore
Yunjeong YANG 教授
Hankuk University of Foreign Studies, Korea
Pejovic CASLAV 教授
法学研究院
Mala Kapur SHANKARDASS 准教授
Maitreyi College University of Delhi, India
Qiushi FENG 准教授
National U. of Singapore