九州大学 アジア・オセアニア研究教育機構

九州大学

教員・研究者原田 明 副学長

原田 明 副学長

原田 明 教授
  • 副機構長、教育統括
  • 専門:分析化学、物理化学、応用レーザー分光

略歴:

1985(昭和60)年 東京大学工学部 卒業(工業化学科)
1987(昭和62)年 東京大学大学院工学系研究科 修士課程修了(工業化学専攻)
1990(平成2)年 同上 博士後期課程修了(工業化学専攻)(工学博士)
1990(平成2)年 日本学術振興会 特別研究員(PD)
1990(平成2)年 東京大学 助手(工学部工業化学科、工学系研究科応用化学専攻)
1997(平成9)年 九州大学 助教授(総合理工学研究科分子工学専攻)
1998(平成10)年 同上(総合理工学研究科物質理工学専攻)
2000(平成12)年 同上(工学部エネルギー科学科)
2003(平成15)年 九州大学 教授(総合理工学研究院物質科学部門)
2017(平成29)年~ 同上(総合理工学研究院IFC部門/物質科学部門)
2021(令和3)年~ 同上(大学院総合理工学学府総合理工学専攻)
2021(令和3)年~ 同上(工学部融合基礎工学科)
2012(平成24)年 グリーンアジア国際リーダー教育センター センター長
2015(平成27)年 九州大学総合理工学研究院 研究院長、総合理工学府 学府長
2020(令和2)年~ 九州大学シンクロトロン光利用研究センター センター長
2020(令和2)年~ 九州大学 副学長

長野県出身。大学院は東京大学工学系研究科で工業分析化学を専攻。1990年工学博士取得。1997年5月より九州大学にて筑紫キャンパス本拠として研究教育活動に従事。2005年 “魅力ある大学院教育イニシャチーブ”以降、2008年“グローバルCOE”、2012年“博士課程教育リーディングプログラム”等の大学院教育改革プログラムに主に教育担当として参画。2015年から総合理工学研究院・総合理工学府の研究院長・学府長を務め改組を牽引。2020年4月より九州大学副学長(筑紫地区調整担当)、10月より、副学長(調整統括、アジア・オセアニア研究教育機構、スーパーグローバル大学創成、筑紫地区調整 担当)、アジア・オセアニア研究教育機構・副機構長に就任、現在に至る。

研究の概要:

次の様な主題で研究を推進している。

  • 液中無蛍光性単一分子のカウンテイング法の開発:多色励起光熱変換信号増幅
  • 紫外励起光熱変換顕微鏡の開発と無染色生細胞のその場観測:紫外熱レンズ顕微鏡
  • 少数分子計数に基づく新しい界面科学の開拓:紫外・可視共焦点レーザー蛍光顕微鏡
  • 非線形レーザー分光法による水面分子計測と分析応用:第2高調波発生、多光子イオン化
  • シンクロトロン放射光を利用した水面分子挙動・反応の計測:環境物質計測
  • 酸化物半導体光触媒による水中有機物の分解:水浄化

研究キーワードは、分光分析化学、レーザー分光、シンクロトロン放射光、単一分子計測、光熱変換分光法、無輻射過程、深さ方向分析、X線吸収紫外吸収相関

関係するアジア・オセアニアの国々:

オーストラリア、バングラデシュ、中国、エジプト、インド、韓国、マレーシア、ミャンマー、シンガポール、台湾、タイ

所属学会・委員会活動など:

日本化学会、日本分析化学会、応用物理学会、日本表面真空学会、日本分光学会、日本放射線化学会、分子科学会、アメリカ化学会

メッセージ:

 

主要業績:

  1. Akira Harata, Tsuguo Sawada, “Quantitative Depth Profiling with Photoacoustic Spectroscopy (PAS) Using a New Approximation Method Based on Inversion of Laplace Transform.”, J. Appl. Phys., 65 (1989) 959-963
  2. Akira Harata, Hiroyuki Nishimura, Tsuguo Sawada, “Laser-Induced Surface Acoustic Waves and Photothermal Surface Gratings Generated by Crossing Two Pulses Laser Beams.”, Appl. Phys. Lett., 57(2) (1990) 132-134
  3. Akira Harata and Tsuguo SAWADA, ”Transient Reflecting Gratings for Investigating Photothermal and Photoacoustic Phenomena Localized at Surfaces and Interfaces”, Trend in Anal. Chem., 14 (1995) 504-511
  4. 原田 、「光熱変換分光法とその応用」(澤田嗣郎編、日本分光学会測定法シリーズ36、学会出版センター、1997年) 分担執筆:4章、6章、7章の一部
  5. Takayuki Tanaka, Akira Harata, Tsuguo Sawada, “Sub-picosecond Surface-Restricted Carrier and Thermal Dynamics by Transient Reflectivity Measurements.”, J. Appl. Phys., 82(8) (1997) 4033-4038
  6. Kenji Katayama, Tsuguo Sawada, Qing Shen, Akira Harata, “Detection of Photo-Induced Electronic, Thermal and Acoustic Dynamics of a Gold Film Using a Transient Reflecting Grating Method under Three Types of Surface Plasmon Resonance Conditions.”, Phys. Rev. B, 58(13), (1998) 8428-8436
  7. Akira Harata, Qing Shen and Tsuguo Sawada, ”Photothermal Application of Lasers: Study of Fast and Ultrafast Photothermal Phenomena at Metal-Liquid Interfaces”, Annual Rev. Phys. Chem., 50 (1999) 193-219
  8. Akira Harata, Naonori Yamaguchi, “Photothermal Lensing Signal Enhancement by Transient Absorption of Photoexcited States in Liquid Solutions”, Anal. Sci. 16 (2000) 743-749
  9. A. Harata, “Enhanced photothermal spectroscopy for observing chemical reactions in biological cells”, in “Handai Nanophotonics, Vol. 3: Nano Biophotonics: Science and Technology”, eds. Hiroshi Masuhara, Satoshi Kawata and Fumio Tokunaga (Elsevier BV) pp. 73-92 (Total 428 pages, 27 chapters) (2007)
  10. Kenji Furuya, Yuko Hirowatari, Toshio Ishioka, Akira Harata, “Protective Agent-free Preparation of Gold Nanoplates and Nanorods in HAuCl4 Aqueous Solutions Using Gas-Liquid Interface”, Chem. Lett., 36(9) (2007) 1088-1089
  11. Makoto Makita, Akira Harata, ”Photocatalytic decolorization of rhodamine B dye as a model of dissolved organic compounds: Influence of dissolved inorganic chloride salts in seawater of the Sea of Japan”, Chem. Eng. Processing, 47(5) (2008) 859-863, doi:10.1016/j.cep.2007.01.036
  12. 原田 、「レーザー分光分析」(原田 、澤田嗣郎 編、丸善、2009年)、分担執筆(著者16名)、pp.3-9, 43-58, 62-59, 173-175(全179頁).“超高感度計測”, “非破壊三次元分析”
  13. Akira Harata, Miki Sato, and Toshio Ishioka, “Ionization of Solute Molecules at the Liquid Water Surface, Interfaces, and Self-Assembled Systems”, in “Charged Particle and Photon Interactions with Matter: Recent Advances, Applications, and Interfaces”, eds. Yoshihiko Hatano, Yosuke Katsumura, and Asokendu Mozumder (CRC press, Taylor & Francis, Boca Raton) Chapter 17, pp. 445-472 (Total 1045 pages, 34 chapters) (2010)
  14. Hitoshi Katae, Satoshi Hirashima, Akira Harata, “Direct detection of gradient-eluted non-labeled amino acids using micro-HPLC with ultraviolet thermal lensing”, J. Phys.: Conf. Ser. 214 (2010) 012122, 1-4
  15. KentaroTomita, Toshio Ishioka, Akira Harata, ”Development of an anion probe: detection of sulfate ion by two-photon fluorescence of gold nanoparticles, Anal. Sci. 28(12) (2012) 1139-1144
  16. Akira Harata, “溶液中にある非蛍光性化学種の単一分子検出向けて Toward single molecule detection of non-fluorescent species in solution”, 信学技報 (IEICE Technical Report), 113(167) (2013) US2013-32, 51-54
  17. Haiya Yang, Yasushi Imanishi, Akira Harata, “Estimating pH at the Air/Water Interface with a Confocal Fluorescence Microscope”, Anal. Sci., 31(10) (2015) 1005-1010
  18. Miki Sato, Yuki Maeda, Toshio Ishioka, Akira Harata, “Photoionization of environmentally polluting aromatic chlorides and nitrides on the water surface by laser and synchrotron radiations”, The Analyst, 142(23) (2017) 4560-4569, doi:10.1039/c7an01311f,
  19. Fatin Hazwani M. Azahar, Sourav Mitra, Akihiro Yabushita, Akira Harata, Bidyut Baran Saha, Thu Kyaw, “Improved model for the isosteric heat of adsorption and impacts on the performance of heat pump cycles”, Applied Thermal Engineering, 143 (2018) 688-700, doi: 10.1016/j.applthermaleng.2018.07.131
  20. Miki Isoda, Makoto Fukuma, Akira Harata, “Ultraviolet-Excitation Photothermal Heterodyne Interferometer as a Micro-HPLC Detector”, Anal. Sci., 35(12) (2019) 1311-1315, doi: 10.2116/analsci.19P190

お問い合わせ先

アジア・オセアニア研究教育機構

〒819-0395 福岡市西区元岡744
TEL:092-802-2319 / Fax:092-802-2391

Copyright © Kyushu University Institute for Asian and Oceanian Studies.
Page
Top