クラスターとモジュールMembers in Clusters & Modules

文化遺産

モジュールのMission/Vision

  • 中国社会科学院考古研究所および台湾中央研究院・歴史語⾔研究所から研究員を招聘し、モジュールのメンバーとともに、気候・環境変動と歴史遺産に関する研究会・シンポジウムを開催する。特に、紀元前13~11世紀に東アジアの文明の中心であった殷代後期の殷墟という都市遺跡の発展と衰退を、気候・環境変動との関係から議論する。そうした議論の内容を、現代世界の地球環境とSDGsのあり方への参考とするとともに、何らかの提言が可能であるかを模索する。

クラスター長兼モジュール長

「写真:宮本 一夫 教授」

宮本 一夫 教授

人文科学研究院

- 専門 -
東アジア考古学

モジュールメンバー

井手誠之輔 教授
人文科学研究院
シュヴァイツァー・アントン 教授
人文科学研究院
溝口 孝司 教授
比較社会文化研究院
岩﨑 義則 准教授
人文科学研究院
鹿島 薫 准教授
理学研究院
米元 詩織 助教
総合研究博物館
飯嶋 秀治 准教授
人間環境学研究院