九州大学 アジア・オセアニア研究教育機構

九州大学

教員・研究者バッタ・クマル 学術研究員

バッタ・クマル 学術研究員

バッタ・クマル 学術研究員
  • 専門:農業経済、観光経済、アグリツーリズム

略歴

ネパールの農村地であるNuwakot郡のPhikuri村出身。高校卒業後、ネパールの首都であるカトマンズのPublic Youth Campus, Tribhuvan大学を卒業し、2013年3月に来日。2016年4月から東京農業大学国際農業開発学科の博士前期課程に進学し、2018年3月に修了。2018年4月から千葉大学園芸学研究科・博士後期課程へ進学。博士課程3年目でJSPS特別研究員として採用されて、卒業式に成績優秀者として表彰された。2021年4月から母校である東京農業大学国際バイオビジネス学科でJSPS特別研究員(ポスドク)を務め、2021年8月1日より、現職。

研究の概要:

主な研究分野は観光である。特に、開発途上国における貧困問題やジェンダーギャップなどの問題を縮小するために世界中で注目されている、アグリツーリズムの開発・展開について研究を行っている。ネパールを研究調査地とし、統計分析を用いて研究を進めている。

キーワード:

農業経済、開発途上国、農村開発、観光、観光経済、アグリツーリズム

関係するアジア・オセアニアの国々:

インド、ネパール、日本

所属学会・委員会活動など:

日本国際地域開発学会、日本農業経済学会、地域農林経済学会、日本観光学会、Asia Pacific Tourism Association、韓国系、総合観光学会

主要業績

ジャーナルペーパー

  1. Ruying Wang, Kumar Bhatta and Yasuo Ohe (2021). Evaluating rural tourism operators’ satisfaction: evidence from Taining, Fujian province, China. 総合観光研究、19,1-9.
  2. Prakash Gautam and Kumar Bhatta (2020). Medical tourism in India: Possibilitie and problems of alternative medical treatment. International Journal of Health Management and Tourism, 5(3), 181-207.
  3. Kumar Bhatta and Yasuo Ohe (2020). A review of quantitative studies in agritourism: the implications for developing countries. Tourism and Hospitality, 1(1), 23-40.
  4. Kumar Bhatta, Yasuo Ohe and Adriano Ciani (2020). Which human resources are important for turning agritourism potential into reality? SWOT analysis in rural Nepal, Agriculture, 10, (197).
  5. Kumar Bhatta (2020). What is agritourism in Nepal? Journal of Tourism and Hospitality Education, 4, 170-178.
  6. Kumar Bhatta (2019). Prospects of multifunctionality in Nepalese agriculture: the agritourism perspectives. Journal Tourism & Adventure, 2(1), 108-118.
  7. Kumar Bhatta and Yasuo Ohe (2019). Farmers’ willingness to establish community-based agritourism: evidence from Phikuri village, Nepal. International Journal of Tourism Sciences, 19 (2), 128-144.
  8. Kumar Bhatta, Keishiro Itagaki, and Yasuo Ohe (2019). Determinant factors of farmers’ willingness to start agritourism in rural Nepal. Open Agriculture, 4, 431-445.

本の賞

  1. Kumar Bhatta, Adriano Ciani, and Guna Raj Bhatta (2018). Know, manage and promote the territory to stimulate the growing of sustainable tourism for development: the case study of Nepal. Tourism Knowledge: A Contribution to Sustainable Development, Escola University Formatic Barcelona, Barcelona, Spain, 11-24, ISBN: 978-84-697-4795-7.

コンファレンス・プロシーディングス

  1. Kumar Bhatta and Adriano Ciani (2019). Multifunctionality, a strategic pillar for agriculture in developing countries: an evidence from Nepal. Proceedings of the International Scientific Agricultural Symposium "Agrosym 2019", 1793-1799.  
  2. Adriano Ciani, Meri Khvedelidge, Kumar Bhatta and Annalisa Gambardella (2017). Sustainable tourism and rural areas development: the case study of municipality of Sachkhere in Georgia. Book of Proceedings, VII International Scientific Agriculture Symposium, 2333-2339.

お問い合わせ先

アジア・オセアニア研究教育機構

〒819-0395 福岡市西区元岡744
TEL:092-802-2319 / Fax:092-802-2391

Copyright © Kyushu University Institute for Asian and Oceanian Studies.
Page
Top