九州大学 アジア・オセアニア研究教育機構

九州大学

【11月19~20日実施予定】オンライン国際学生会議: 《アジアの挑戦と調和》

 

大会プログラムはこちら

 

●概要

ASOCオンライン国際学生会議は、学部生・大学院生を対象としたオンラインカンファレンスです。この会議の目的は、アジアの学生が自分の研究テーマを発表し、アジアの仲間とのコミュニケーションやコラボレーションを行うことです。また、アメリカやヨーロッパの学生による、アジアとの比較の観点からの関連発表も歓迎します。このように、アジアの大学に所属する研究者や学生、アジア研究を志す人たちが一堂に会し、アジアの課題や調和について議論します。 

ASOCとは?
ASOC(Asian Studies Online Consortium)は、COVID-19のもと、東アジアの研究者によって組織され、オンライン・ネットワークを利用した新しい研究・教育方法を模索している研究・教育グループです。

●「アジアの挑戦と調和」について
グローバリゼーションとリージョナリズムは、アジアの政治・経済・社会に大きな変化をもたらしていますが、COVID-19もその流れを加速させています。この急激な変化の中で、米国、中国、ASEAN、日本などの間で対立が生じている一方で、国際協力や地域主義によって調和が図られています。挑戦と調和の両面は、安全保障、経済、開発、公衆衛生、民主主義、市民社会、移民、人権、社会統合など様々な分野で交錯しています。本会議では、将来のアジアを担う若い研究者が、21世紀のアジアを見つめ、その課題と調和を分析し、対話の方法を模索することを期待しています。

日時:2021年11月19日(金)、20日(土)

形式:Zoomウェビナー

主催:九州大学アジア・オセアニア研究教育機構-文化変動クラスター

   共催:政治社会学会(ASPOS)、Asia Centre

対象:学部生・大学院生

定員:なし

参加費:なし

言語:英語

組織委員会:ジョセリン・セレロ(フィリピン大学), 市川顕 (東洋大学), 松本佐保 (日本大学), 大賀哲 (九州大学), ベンジャミン・サンホセ(アテネオ・デ・マニラ大学), ジョハンナ・ズルエタ (東洋大学)

申込締切:2021年11月18日(木)

詳細:

アブストラクトの投稿(学部生・大学院生は発表申し込みが出来ます。〆切は11月7日)
https://forms.gle/2uSQianHiqUWo3Wg6

プロモーションビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=gWWsQhDs3m0

参加登録(オーディエンスの参加申し込みはこちらから)
https://forms.gle/izwX96WcEQKYGvUs9

タイムテーブル *GMT+9 (JST)

11月19日(金)
 11:00-11:15 開会式とウェビナーのご案内
 11:15-11:30 開会挨拶
 11:30-13:30 研究発表1
 13:30-14:30 ランチブレイク
 14:30-15:30 基調講演
 15:30-15:45 休憩
 15:45-17:45 研究発表2
 17:45-18:45 ライトニングトーク

11月20日(土)
 11:00-13:00 研究発表3
 13:00-14:00 昼食休憩
 14:00-15:00 論文作成セミナー
 15:00-16:00 基調講演
 16:00-16:15 休憩
 16:15-18:15 研究発表4
 18:15-18:30 閉会挨拶
 18:30-18:40 事務局連絡

お問い合わせ先:担当 大賀哲 toga@law.kyushu-u.ac.jp

お問い合わせ先

アジア・オセアニア研究教育機構

〒819-0395 福岡市西区元岡744
TEL:092-802-2319 / Fax:092-802-2391

Copyright © Kyushu University Institute for Asian and Oceanian Studies.
Page
Top