九州大学 アジア・オセアニア研究教育機構

九州大学

【謝辞】《9/2(水)・9/3(木)開催》Q-AOSシンポジウム「感染症と生きる:コロナから学ぶ持続可能な社会とは」

【謝辞】シンポジウム盛会御礼

 

九州大学アジアウィーク期間(2020年9月1日~11日)中に開催されました九州大学アジア・オセアニア研究教育機構(Q-AOS)シンポジウム2020に、ご発表ならびにご参加いただきました皆様、また開催に際してご尽力頂きました関係者の皆様に心から感謝申し上げます。

今回のシンポジウムは、COVID-19の影響によりオンラインとオンサイトでのハイブリッド形式での開催となりましたが、シンポジウムの副タイトル「コロナから学ぶ持続可能な社会とは」に対する一つのヒントを与えるシンポジウムであったかと思います。また参加者は世界各国の著名な研究者、産業界の第一線で活躍されている方々から本学の学生・教職員まで、発表領域は人文社会科学系、理工農医系から芸術工学系にまで及び、まさに多様性に富む非常に実りの多いものとなりました。

今後とも、Q-AOSの取組にご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 九州大学アジア・オセアニア研究教育機構長
 九州大学総長 久 保 千 春

 

 

 

 

【謝辞】シンポジウムを終えて

 

この度は、2020年9月2日から2日間に渡り開催されました、九州大学アジア・オセアニア研究教育機構(Q-AOS)シンポジウム2020「感染症と生きる:コロナから学ぶ持続可能な社会とは」にご参加いただき、誠に有難うございました。

1日目には6名の方に、歴史、自然・環境、都市、経済といった観点から特別講演と招待講演をいただきました。また2日目の午前中には3つのテーマ「教育」・「生活」・「経済」に分かれ、企業、行政、大学といった様々な観点からの議論を、午後には、「アジア・オセアニア地域におけるコロナ対策の現況」について同地域各国との国際テレカンファレンスに続き、若手研究者による発表・討論「私たちのWith/Postコロナ:新たな社会ニーズに対応した次世代研究ロードマップ~分野を超えて次世代研究者が考える~」を行いました。

2日間で延べ500名を超えるご参加をいただき、シンポジウムが成功裏に終了しましたことは、皆様のご指導とご協力によるものと心から感謝申し上げます。

いずれのセッションにおきましても、示唆に富む発表、活発な意見交換が行われ、主催致しました私共のみならず、参加された皆様にとりましても実り多いシンポジウムになったのではと思います。

今回のシンポジウムでは、新型コロナウイルス感染症の影響により、オンラインと現地の両方で運営するハイブリッド開催に挑戦することとなり、参加された皆様にはいろいろとご不便をおかけ致しましたが、何卒ご容赦願います。
 
最後となりましたが、皆様のご健康とご多幸を祈念いたしまして、お礼に代えさせていただきます。

 

 

 Q-AOSシンポジウム2020企画統括
 九州大学アジア・オセアニア研究教育機構 医療・健康クラスター長
 九州大学病院国際医療部長 清 水 周 次

 

 

★プログラム(日)はこちら
★プログラム(英)はこちら

お問い合わせ先

アジア・オセアニア研究教育機構

〒819-0395 福岡市西区元岡744
TEL:092-802-2319 / Fax:092-802-2391

Copyright © Kyushu University Institute for Asian and Oceanian Studies.
Page
Top